PEラインの取り扱い注意事項

ハイブリッドPEラインタイプ3
安全に釣糸(PEライン)をお使いいただくためにご使用前に必ずお読みください。

注意【警告】
釣糸を切断する場合は、ハサミなどを使用してください。手や歯で切断するとケガのおそれがあります。

釣り以外の目的に使用しないください。

釣糸が切れたはずみで転倒したり道具を傷めることがあります。

釣糸は手や、身体に巻き付けて使用しないでください。指を切るなど、ケガをするおそれがあります。

釣糸は口に入れないでください。油剤、顔料、染料などの加工剤が付着しており、健康を害するおそれがあります。

お子様の手の届かないところで保管してください。

注意【注意】
釣糸は想定外の力が加わった場合は糸が切れることがあります。

釣糸は環境保護の観点から、釣場へ捨てず持ち帰って処分してください。

釣糸は高温場所や直射日光のあたる環境下で長時間放置しますと、強力のダウン等 品質変化が発生しますので、ラインの保管はなるべく暗所低温場所にて保管して下さい。

釣糸は、表面の滑りが優れていますので、ノット作製時はしっかりと均等にテンションがかかるように締め込んで下さい。

釣糸は、使用することにより劣化をします。

マーキングカラーの長さは、荷重の掛かり方・使用状況によって多少の誤差が生じることがあります。目安としてお考えください。

組糸のためラベル表示は参考号柄です。リール糸巻量の大まかな目安としてください。
ハイブリッドタイプの製品は、通常のPE 100%タイプと比べると、リールへの巻き体積が10〜30%増しますので、 リールへの巻き取り時には十分ご注意下さい。
素材の性質上、熱に弱いので、リールへの巻き取り時は低速で熱が なるべく発生しないように、濡れた布等でラインを挟み込んで巻いていただく事をご推奨します。
素材の性質上、色落ちすることがあります。色落ちした染料が皮膚に付着したり、他に色移りすることがあります。付着した場合は早めに洗浄していただきますようお願いいたします。(時間の経過とともに染料が落ちにくくなります)強力への影響はありません。
ラインコート剤の種類によっては、染色が抜ける等の悪影響を及ぼす場合がございます。ご使用前に必ずパッチテストを行い、異常が無い事を確認してからご使用ください。


は他釣糸素材より卓越した性能を有し、船、ジギング、エギング、ルアーキャスティング 分野等で今や欠かせないラインとしてとして使用されています。
ナイロンラインの約2.5倍を超える高い直線強力、最大伸度5%以下による高感度、低比重0.97による飛距離性 のアップ、低吸水特性(吸水率0.002%)等、優れた性質を持ち合わせた”ダイニーマ”という 超高分子量ポリエチレン素材で製造されたPEラインですが、反面 デメリットとなる性質があります。

それは耐熱性が他素材の釣糸より劣るという事です。
耐熱温度145℃、融点160℃とナイロンラインより約50℃低い熱特性である為、摩擦熱の影響により本来の 高強力性能が損なわれる可能性があります。

ナイロンラインやフロロラインに無い高特性を持ち合わせたPEラインですが、取り扱い方を間違えると 大きなデメリットとなりますので、リール巻き取り時の糸抑え(テンション掛け)をする際、指、軍手、タオル等で糸を夾み 摩擦による発熱が抑えられるように水で濡らしながらゆっくりとリールを巻き上げる等、細心の注意を払って下さい
又、糸質が極柔軟である為、リールの巻き上げるテンションを緩くするとラインとラインの中に巻き上げた ラインが喰い込み、糸表面にダメージが加わりトラブルの対象となりますので、適度なテンションで 安定して巻き上げる事をお奨め致します。 
因みに下記に示した写真資料は、1.ダイニーマラインを引張試験器で切断させた時の破断部、2.摩擦熱によって 切断された破断部、3.外部応力の摩耗により切断された破断部、4.ハサミでカットした破断部の拡大写 真です。
切断された断面部も破断要因によってこれだけの差がある事が言えます。

当社は電子顕微鏡により様々な切断された破断面の解析等を通 して日々破断の起きにくい新しい釣糸の 開発研究を進めています。

1.【引張試験機による破断】
(テンション切れ)
2.【摩擦熱による溶融破断】

 
3.【磨耗による破断】
4.【ハサミ類の刃物による切断】
リール別PE巻き量 一覧表(目安)
巻量単位:m
メ|カ
番手
0.6号
0.8号
1号
1.2号
1.5号
表示
HG
HYBD
表示
HG
HYBD
表示
HG
HYBD
表示
HG
HYBD
表示
HG
HYBD
ダイワ
2004
100
150
100
75
95
80
60
90
70
-
65
50
-
55
45
2506
180
270
200
140
180
150
110
165
130
-
120
100
-
105
85
2508
320
480
350
250
320
260
200
300
230
-
210
170
150
190
150
2000
320
480
350
250
320
260
200
300
230
-
210
170
150
190
150
2500
420
630
460
330
420
350
260
390
290
-
270
180
200
240
130
3000
690
1030
760
540
690
570
430
640
490
-
440
300
330
390
210
シマノ
1000S
135
160
135
100
120
100
70
100
80
-
70
55
-
60
50
2000S
150
200
150
110
130
110
80
120
95
55
85
70
-
75
60
2500S
200
270
200
150
180
150
110
165
130
80
120
100
-
105
85
3000S
200
270
200
150
180
150
110
165
130
80
120
100
-
105
85
2000
540
720
540
400
480
400
300
450
350
200
320
260
140
280
220
2500
580
780
580
430
510
430
320
480
370
220
340
270
160
290
230
3000
720
970
720
540
640
540
400
600
470
-
420
340
270
360
290
赤文字:実測値(テストラインは、HG:PEエギHG、HYBD:キャストアウェイPEを使用しました。)
青文字:計算値 黒文字:メーカー表示
【 注 意 】
この表にある巻量は、あくまでも参考値としてご活用ください。保証値ではありません。
糸の締め付け方等により、巻き量 が変わる事がありますので、ご注意ください。