最新コンテンツ
(2017-04-27) トラウト スタッフ
山間のブラウントラウト
今回は釣友の案内で山深い渓へ。前半地元から4時間コースの中距離でありながらほぼ…続く

(2017-04-27) バス ユーザー
春の表層系に初挑戦!
風が強いローライトの河口湖。初挑戦の表層系の釣りなので、風裏の溶岩帯でキャスト…続く

(2017-04-26) ユーザー
神子元島釣行
先週は神津島へ尾長狙いに遠征しましたが不発に終わったのでリベンジを兼ねて神子元…続く

(2017-04-26) バス スタッフ
霞ヶ浦の春
WBS第2戦のプラクティスにて季節の進みが早く、プリスポーンとアフタースポーン…続く

(2017-04-26) ユーザー
チヌ狙いにデカ真鯛がヒット!
ここ最近、広島湾沖の牡蠣筏からフカセ釣りで狙うチヌ釣りが大流行しており、今回チ…続く

 1 2 3 >  Last ›

 
釣種を選んでください。
磯(554)   チヌ(492)   石鯛(5)   船(79)   防波堤(54)   投げ(26)   ヤエン(3)   シーバス(79)  
エギング(22)   ロック/ライトゲーム(125)   ジギング(73)   キャスティング(18)   バス(576)  
トラウト(62)   鮎(57)   渓流(10)   へら(30)   ワカサギ(15)   その他(53)  
釣り場のある都道府県を選んでください。
福岡県(60)   岩手県(57)   秋田県(31)   茨城県(91)   千葉県(88)   神奈川県(125)  
新潟県(32)   京都府(2)   福島県(86)   静岡県(290)   滋賀県(40)   山口県(86)  
香川県(5)   熊本県(16)   長崎県(107)   東京都(87)   兵庫県(89)   宮城県(25)  
岐阜県(63)   和歌山県(59)   山形県(55)   石川県(26)   青森県(20)   広島県(78)  
岡山県(42)   徳島県(32)   大阪府(130)   愛知県(53)   福井県(37)   山梨県(19)  
長野県(34)   三重県(56)   沖縄県(10)   佐賀県(29)   北海道(61)   奈良県(15)  
富山県(21)   埼玉県(6)   愛媛県(21)   高知県(42)   大分県(45)   鹿児島県(32)  
宮崎県(2)   島根県(20)   栃木県(4)   鳥取県(2)   群馬県(2)  

トラウト スタッフレポート
山間のブラウントラウト


【名前】日野 彰
【日時】2017年4月16日
【場所】道央河川
【釣果】蝦夷イワナ ブラウントラウト
【仕掛】タックル
ロッド:RippleFisher トラウトプロト68
リール:セルテート2004CH
ライン:SUNLINE SUPERBRAID 8本組 0.6号
リーダー:SUNLINE SUPER TORNADO 3号
ルアー:GOD HANDS 渓相瀾竜5gUVグリーン ライガ14g
D-3custom lure's ファーラップ
LWワークス TUOI jerk

ウェア
アングラーズデザイン ストリームマスターベスト チャコール
同上 ウェーディングレインジャケット
同上 ワイルドハット ウォールナット
同上ハイブリッドチェストウェーダー グレー
同上 アドバンスウェーディングシューズ ブラック
同上 エクスプローラーフリースジャケット チャコール
同上 ランバーサポートベルト レッド
同上 マルチユースバッグ イエロー
同上 プライヤーシース(クニペックス仕様)
同上 コンパクトネットホルダー
同上 ランディングネットロープ

偏光グラス
螢灰鵐戰奪ス N2injection
【状況】 今回は釣友の案内で山深い渓へ。
前半

地元から4時間コースの中距離でありながら
ほぼ初めて通る道のりはただただ遠く感じました。
釣友と合流してからは
ダートを延々と遡りポイントを目指します。
目的地に着くと当然のように先行者はおらず
野生の気配だけが強く静寂が支配しておりました。

いろんな意味でゾクゾクする中
身支度を済ませます。
当河川はそれほど水量が多くなく
瀬を選んで渡れば膝より下の水深ですが
雪解け水の時期ゆえに低水温なので
今回に合わせ到着したばかりの
ハイブリッドチェストウェーダー靴鯀択。
この他、この春ADよりリリースされたレザーアイテムを身に纏い
いざ渓へ。

初めての河川にワクワクしながら歩を進めると
小さな淵を見つけキャストしていくと
健気な20cm程度のイワナがチラホラと姿を見せてくれました。

更に川通しに下ったところで大岩に流れが当たって直角にカーブするポイントが出現。
雪代によりエメラルドグリーンに濁ったプールは大物の予感が漂います。
流れを読んで立ち位置を決めジャークベイトをキャスト。
ボトムに送り込んで小さなジャークでレンジを外さないようじっくり攻めます。
1投目は何もなく回収。
2投目。
少し上流側の瀬からルアーが流れ込むイメージでボトムノックしながら核心部へ。
そのまま通過しつつ誘いますが反応なし。
今度はスピナーにチェンジして最初と同様のコースへキャスト。
ブレイドが回転する程度の低速で引きボトムベッタリを引いてくると
グンッとティップが入り生命反応が伝わりました。
ヒット直後はクンクンと小気味良い手応えでしたが
足元に近づくにつれ抵抗が増して張り付くように。
寄せに入りブレイクライン上に来たあたりで我に返ったように最後の大暴れ。
体力を温存していたのかキツめのドラグをジリジリと引き出し猛ダッシュで抵抗します。
が、残り約3mの攻防を制し勝負アリ。
冷水に磨かれ逞しいシルバーボディーに朱点を散りばめた美しいブラウントラウトでした。

 1 2 3 >  Last ›