最新コンテンツ
(2019-07-11) トラウト スタッフ
シーズン終盤 海サクラ
今日まで数度の空振りで何もない釣行だったが諦めきれず今年もシーズン終盤となった…続く

(2019-07-10) チヌ ユーザー
我慢の釣り
今日もいつもの「宮川丸」さんで木更津沖提のB提先へ朝一5時〜13時迄でスタート…続く

(2019-07-10) スタッフ
広島湾の夏チヌ
乗っ込みも終わった広島湾に夏チヌを求め、釣行してみました。早朝、釣り開始は下げ…続く

(2019-07-09) チヌ スタッフ
今日は東南東6m
朝から小雨が降り続く中、南東の風ならここしかないと出かけたのだが、現地に到着後…続く

(2019-07-09) スタッフ
米代川メタボ鮎
今年の米代川は大きさと体高がすごいです。数は 多くはありませんが解禁して数日で…続く

‹ First  < 2 3 4 5 6 >  Last ›

 
釣種を選んでください。
磯(918)   チヌ(860)   石鯛(24)   船(123)   防波堤(83)   投げ(44)   ヤエン(3)   シーバス(107)  
エギング(39)   ロック/ライトゲーム(151)   ジギング(118)   キャスティング(43)   バス(933)  
トラウト(107)   鮎(86)   渓流(22)   へら(55)   ワカサギ(17)   その他(62)  
釣り場のある都道府県を選んでください。
福岡県(75)   岩手県(70)   秋田県(37)   茨城県(123)   千葉県(179)   神奈川県(243)  
新潟県(75)   京都府(8)   福島県(123)   静岡県(491)   滋賀県(51)   山口県(141)  
香川県(13)   熊本県(43)   長崎県(206)   東京都(126)   兵庫県(159)   宮城県(34)  
岐阜県(135)   和歌山県(89)   山形県(62)   石川県(41)   青森県(29)   広島県(113)  
岡山県(56)   徳島県(44)   大阪府(202)   愛知県(96)   福井県(64)   山梨県(26)  
長野県(48)   三重県(72)   沖縄県(14)   佐賀県(40)   北海道(97)   奈良県(41)  
富山県(47)   埼玉県(7)   愛媛県(45)   高知県(57)   大分県(66)   鹿児島県(54)  
宮崎県(9)   島根県(34)   栃木県(6)   鳥取県(2)   群馬県(2)  

トラウト スタッフレポート
シーズン終盤 海サクラ





【名前】日野 彰
【日時】2019年7月
【場所】道東サーフ
【釣果】海サクラマス
【仕掛】ロッド:Truthjapan ヒラスズキロッド105プロト
リール:3012H
リーダー:SUNLINE SaltiMate 25LB
ライン:SUNLINE SaltiMate CareerHigh×6 1号
ヒットルアー:KOJIMACRAFT プロトジグ50g

ウェア
アングラーズデザイン
ネオプレミアムウェーダー供.優ぅ咫
ウェーディングヒートレインジャケット
ランバーサポートベルト
エクストリーム
スリップオンオフショアグローブ
デニムワークキャップ

偏光グラス
SMITHJAPAN AURA
【状況】 今日まで数度の空振りで何もない釣行だったが諦めきれず今年もシーズン終盤となった海サクラへ。

6月下旬にはハネがあっても口を使わないという歯がゆい場面ばかりで
どうしたらいいものかと悩む日々でした。

今朝は濁りが広がり手前50mは厳しいと判断しひたすら遠投していくことに。
しかし今日はいつもと違う。
ロッドがつい昨日到着したヒラスズキロッド105プロト。
シャキンとした質感と軽量な振り心地だが秘めるパワーは十分に感じられる。
30gからスタートしてメインは50gのジグをフルキャスト。

ぎりぎり届かないくらいの位置でハネを目視出来たので
届けと念を込めてフルキャストを繰り返すとリトリーブ直後にコツコツと違和感。
リーリングを止めずショートジャークを2回入れたところでガンっとヒット。
久々のグイグイグイとローリングする手応えと重量感で本命を確信。
新たに右腕となったロッドはハイパワーでグングン魚を寄せてきます。

大きな寄せ波を待ち、打ち寄せた波に魚体が揉まれた所を一気にステップバックしてランディング。
50僂頬たない個体でも終盤にしては綺麗な魚体の海サクラでした。

早々に写真撮影を済ませキャストを再開。
フォロー微風に乗ったジグは110mは簡単に飛び、ターゲットにアプローチしていきます。

小さな波紋が見えた気がしたのでその方向を狙ってキャスト。

どうやら魚が沈んでいるようなので3カウントしてから引き始め
ストレートでは口を使わない感じだったので断続的ロングジャークで
縦の動きを入れて誘っているとフォール中にトンっと手応えがあり聞きアワセ
重量感が乗ったのでもう一発追い合わせ。直後に猛ダッシュで10mほど走りました。

そこからは立ち上がる波の中で体を横にして抵抗を見せ
身切れしないかヒヤヒヤしましたが
最後は崩れる波に入ったところを間髪入れずズリ上げ本日2本目をキャッチ。
55僂領彪燭呂泙瀬Ε蹈海ポロポロ落ちるフレッシュ個体でした。

早期はストレートの早巻きにより比較的簡単に口を使う遡上魚ですが
接岸から時間が経つほど口を使いにくくなるので
アクションとスピードに変化を付けて誘う必要があると痛感しました。

通っているサーフは特に濁り易い場所で
凪の予報であっても15m、風向きや潮位次第では50mまで濁りが広がります。

ですので飛距離を稼ぐことが釣果に繋げる絶対条件と考えるので
ラインとガイドとの干渉抵抗を抑えルアーを遠くに運ぶためライン径を細くするのは必須。

尚且つヘビージグをフルキャストし続けるには耐摩耗性と強度が求めらることから
ライン選びに妥協は許されないですね。

今回使用しているキャリアハイ6は高い次元で要求する性能を併せ持つアイテムで
シーズン中は目立ったライントラブルもなく
強度的にも不安はまったく無かったです。

‹ First  < 14 15 16 17 18 >  Last ›