最新コンテンツ
(2013-10-28) シーバス スタッフ
湾奥河川ウェーディング
40〜60を主体に秋の河川で複数安打!ドリフトで流し込んでいく釣りがメインでし…続く

(2013-10-28) スタッフ
富山釣行
当初は山形庄内へ釣行する予定でしたが急遽、富山県富山湾に釣行しました。当日は川…続く

(2013-10-25) チヌ スタッフ
プラン的中(*^_^*)
今日は前日に考えたプランで、ラン岸スタイルで狙っていきます。スタートは、ストラ…続く

(2013-10-22) ジギング スタッフ
仙台湾ワラサジギングガイド
例年より2週間以上遅れ、ようやく仙台湾ワラサジギングのシーズンに入りました。前…続く

(2013-10-21) バス スタッフ
小規模水路でBIG捕獲!!
潮の影響を受ける小規模水路へ行ってきました!この場所は干潮時は完全に干上がり、…続く

‹ First  < 567 568 569 570 571 >  Last ›

 
釣種を選んでください。
磯(706)   チヌ(673)   石鯛(11)   船(94)   防波堤(68)   投げ(38)   ヤエン(3)   シーバス(94)  
エギング(29)   ロック/ライトゲーム(145)   ジギング(94)   キャスティング(29)   バス(766)  
トラウト(77)   鮎(69)   渓流(17)   へら(45)   ワカサギ(17)   その他(58)  
釣り場のある都道府県を選んでください。
福岡県(68)   岩手県(65)   秋田県(31)   茨城県(107)   千葉県(120)   神奈川県(164)  
新潟県(43)   京都府(6)   福島県(105)   静岡県(373)   滋賀県(46)   山口県(113)  
香川県(10)   熊本県(31)   長崎県(155)   東京都(111)   兵庫県(128)   宮城県(30)  
岐阜県(113)   和歌山県(73)   山形県(60)   石川県(30)   青森県(24)   広島県(98)  
岡山県(50)   徳島県(38)   大阪府(189)   愛知県(70)   福井県(42)   山梨県(24)  
長野県(40)   三重県(65)   沖縄県(11)   佐賀県(34)   北海道(77)   奈良県(30)  
富山県(33)   埼玉県(7)   愛媛県(34)   高知県(47)   大分県(55)   鹿児島県(46)  
宮崎県(5)   島根県(24)   栃木県(4)   鳥取県(2)   群馬県(2)  

ジギング スタッフレポート
仙台湾ワラサジギングガイド


【名前】吉田博史
【日時】2013年10月14日〜15日
【場所】仙台湾
【釣果】ワラサ:一人20本くらい
他、ヒラメ、ホウボウ多数
【仕掛】タックル1
ロッド:ポセイドン・PHPJ 410 ハイピッチジャーカー410
リール:オシアジガーNR2000
ルアー:ジャベリンジェット120g
ライン:サンライン PEジガー8HG 3号,リーダー:サンライン システムショックリーダーFC 60LB
フック:DECOY グランドパイク#4/0

タックル2
ロッド:ポセイドン・PLFJ710M-3 ロングフォールジャーカー710M−3
リール:オシアジガー1500HG
ルアー:カプリス130g
ライン:サンライン PEジガー8HG 2号,リーダー:サンライン ブラックストリーム 12号
フック:DECOY ツインパイク#2/0or#3/0(フロント)・#1(リア)
【状況】 例年より2週間以上遅れ、ようやく仙台湾ワラサジギングのシーズンに入りました。

前線を伴った発達した低気圧の通過後で台風26号が来るまでの、仙台湾が穏やかになった14日、15日の2日間だけ、ワラサジギングガイドに出ることが出来ました。

活性の高い時間帯はジャベリンジェット120gのハイピッチジャークで、食いの渋くなった時間帯はカプリス130gのスローピッチジャークというのが、王道のローテーションです。

ロングフォールも試してみようと思い、ロングフォールジャーカーを使っていましたが、フォール時間を長くとるより、同じ層になるべく長くジグをステイさせておけた方が食いが良かったので、結局はロングフォールジャーカーを使ってスローピッチジャークをしていました。

ワラサだけでなく、恒例のヒラメ、ホウボウの他、ペンペンシイラ、そしてサワラも入ってきているようです。

当たりカラーは、定番のシルバー、メロウド、アジの他、ブルー系が良く釣れていたので、ベイトはメロウドだけでなく、イワシも多く入ってきているのかもしれません。

15日は、前日に比べ曇りの天気だったからかワラサの活性も高く、一人20本くらいは釣れる状態にまで良くなっていました。

活性の高いときは、スローピッチを入れず、ハイピッチのみの方が釣果が伸びます。

5回〜10回ほどのハイピッチショートジャークでワラサにジグを見せ、その後で少しのフォールの間を与えると、ワラサが「待ってました」と言わんばかりに気持ち良くジグを食ってきます。

そんな釣り方のときの私のタックルは、ポセイドン・PHPJ 410 ハイピッチジャーカー410に、リールはオシアジガーNR2000、ジグはジャベリンジェット120gです。

そのタックルに、ラインをサンライン PEジガー8HG 3号、リーダーをサンライン システムショックリーダーFC 60LB、フックをDECOY グランドパイク#4/0(フロントのみの1フック)を組み合わせることで、余裕をもってワラサを寄せることが出来るため、他の同船者と絡むのを防ぐことができます。

スローピッチ等で、柔らかいロッド、細いPEを使わなければいけない場合には、そうはいきませんが、活性の高いときにはこのような強めのタックルを使うことでトラブルを防げるので、大型の乗合船に乗る場合などにもお勧めです。

ただし、ハイピッチジャーカーは、私は練習の意味を含めて410を使っていますが、504くらいの方が使いやすく、ワラサのパワーにも負けないのでおススメです。

そして、もちろん巻き上げ量を多くできるスピニングタックルで、スピンジャーカー502クラスでも、同じようにワラサのパワーを押さえつけられます。

これからもっともっとワラサは入ってくるので、11月いっぱいはジギングが楽しめそうです。

‹ First  < 2842 2843 2844 2845 2846 >  Last ›