top_image/tophead_03.gif
製品情報
>
ショートバイトも見逃さない! 扱いやすいエステルライン!!
SaltiMate 鯵の糸 エステル ■ポリエステルライン マテリアル解説 -->>

     
 
  • 原料から紡糸・加工まですべてを見直した特殊エステル製法により、高感度、高強力な “鯵の糸” が完成しました。
  • エステルラインの最大の弱点であった「糸撚れ、使い難さ」を軽減することに成功。直進性が向上したことにより、軽量ジグ単でも糸が張りやすく潮の動きやアタリが明確に伝わります。
  • 尺アジ・ギガアジとの強烈なファイトにも耐える強さと粘りを兼ね備えた高バランス設計。 
  • 常夜灯の下で高い視認性を実現するフラッシュイエローを採用しました。
  • たっぷり巻ける240mにコストパフォーマンスに優れた120m巻きポイントマーク付き。
  • (カラー:フラッシュイエロー/240m単品)
■ご注意
※伸びの少ないラインの特性上、アワセ切れなどのラインブレイクを防ぐため、ご使用前にドラグ調整とショックリーダーの使用を推奨します。

【アジングに新たな旋風を巻き起こすニューカマー】
エステルライン、一言で言うと『感度は良いがトラブルが多い』というのが一番にあると思いますが・・・それはもう過去の話し。
鯵の糸・エステルはまず「トラブル」という点に着目してプロト品の作製に掛かりました。
トラブルと言っても様々ですが、アジンガーとして一番に求めるのはやはり引っ張り合いでの “強力“ だと思います。
エステルの致命的な短所として伸び率が非常に少ないという点が上げられます。伸び率が少ないということは瞬発的な負荷が掛かった際のエネルギーの逃げ場がなくなる為、ラインブレイクに繋がるという仕組みです。
また、エステル独特の“硬さ”もトラブルを引き起こす要因のひとつです。エステルを使用した事があるアングラーはわかると思いますが釣り上げた後、ラインを見るとライン自体が折れ曲がったり、カールしたりと明らかにダメージを受けた状態になってしまいました。
それらのトラブルは地合いを逃し、その日一番の大物を逃す原因になりかねません。鯵の糸はこれらのトラブルを回避する為エステルに独自のスパイスを加え、今までになかったエステルラインを作り上げました。一言で言えば「ナイロンチックなエステル」とでも表現出来るでしょうか。
”しなやか“ “トラブルレス“ “粘り強い“、エステルの短所を消しつつも、長所をしっかり残したラインに仕上がっており、使った多くのアジンガーの目から鱗が落ちると思います。

【視認性の高さ】
アジングをする場所と言えば常夜灯が灯る波止場や漁港などが一般的だと思います。光量が少しでもある場所で見えるカラ―は何かということで選択されたのがこの “フラッシュイエロー“ です。「見える」というメリットを活かしたラインでアタリを取り、掛けていくのも場合によってはアリです。
さらに、トレースコースがハッキリと判断出来るので、明暗部や水流変化のあるポイントを丁寧に探ったり、ストラクチャーなどがあるポイントの回避が可能となります。
また、リーダーとの結束時にメインラインとリーダーとの色が違うことでよりスムーズで綺麗なノットを結ぶことが出来ます。

【他にはないお得な巻き量】
今回、鯵の糸・エステルの糸巻量はなんとっ!
大容量の240m巻きとなっています!!
しかも、120m部分にマーキングが入っているので2回に分けて使用することが出来て経済的でもありますね。

【蘆原 仁テスターレポー】
東京湾でのボートアジングでは、水深は、主に10m前後を狙います。この日も7〜14m位の水深を探りました。
鯵の着くレンジの大半は、ボトム付近になりますが、中層でのヒットもあります。
攻め方としては、跳ね上げアクションを2〜3回入れた後、フォール(カーブ、フリーを状況でによって使い分け)を入れ、その後にロッドでさびくとコンっとアタリが出る事が多かったです。またフォール中のアタリもある為、一連の流れの中で、効率良くアタリを拾うには、「鯵の糸エステル」が有効でした。
また中層付近でのアタリは、ボトムからのただ巻きパターン(通称、タイラバ巻き)が良くヒットしています。
このただ巻きパターンにおいても鯵の糸エステルでの弾きも少なく多くの魚をヒットに持ち込めています。今回釣れたサイズは、25cmアベレージ(尺クラスも数匹混じる)と比較的良型が約50匹釣れ続きました。0.25号、0.35号ともにヒット中のラインブレイクはなく、安心したやり取りが可能でした。
●使用感
0.25号は、軽いジグヘッドの遠投をアシストしてくれる飛距離、水馴染み良さは非常に良いと感じ。
0.35号は、安定した強度がもたらす、安定したファイトが可能。

今回発売する号数の中間である、0.25号や0.3号がラインセレクトの基本にするには最適です!
0.2号や0.35号は、魚のサイズやフィールド、リグ等に合わせる感じでセレクトする事をおススメします。
また240m、120mポイントマーク付きなので、コストパフォーマンスが高い事も魅力的なポイントですね。


規 格 LB 1.0 1.25 1.5 1.75
240m単品 参考号柄 0.2 0.25 0.3 0.35
dia.(mm) 0.074 0.083 0.090 0.097
希望小売価格(円)
JAN コードNo. 532704 532711 532728 532735
※価格はオープンプライスです。 JANコード上7ケタ 4968813

PAGE TOP
一般的なラインの素材特徴 ラインの製法・加工・仕様 ナイロン・フロロカーボン・エステルライン規格表 PEライン標準規格