top_image/tophead_03.gif
製品情報
>
圧巻のフォールスピード!ファーストHITを奪い獲れ!
SaltiMate

PE JIGGER ULT8本組

■アルティメットPEライン マテリアル解説 -->>
【ソルティメイト PEジガーULT 8本組】


■スムースサーフェイスプロセッシング
PEラインの表面をよりスムーズに仕上た特殊な加工技術。表面が滑らかで繊維の毛羽立ちを抑え、真円に近い構造に仕上げています。
  • Smooth Surface加工(SSP)を張りのあるULT-PEに施すことにより、極上の滑らかさへとさらに進化。この極上の滑りがもたらすメリットが圧巻のフォールスピード。真円かつ滑らかさによりライン表面抵抗を可能な限り少なくした事で、二枚潮も関係なく誰よりも速くポイントを直撃し船中のファーストHITを奪い獲る。また、ガイドへの摩擦抵抗は大幅にダウン。ファイト時にロッドが絞り込まれガイドへ干渉する場合にもラインはスムーズに海中へ送り込まれる。
  • ヒラマサやカンパチ、マグロなどの大型青物の暴力的な突っ込みにも“強靭な素材”と“最適な伸び”が、耐えて耐えてターゲットの闘争心を打ち砕く。
  • 唯一無二!さらに進化したEMCS(イージーメジャーリングカラーシステム)IVが教えてくれるのは、ターゲットが潜む泳層。ジグがフォール中に受けた水流の変化する深度を瞬時に把握することが出来る。よって水流が変化するポイントへジグが侵入する際に効果的である“アクションの変化”を付けることが可能となり、魚の捕食スイッチをON!これらのちょっとした“キモ”は独自のカラーパターンだから出来る業である。もちろんどんな景色や海面にも溶け込みにくいカラーを採用。
  • (カラー:10m×10色)
※JIGGERは(株)シマノの商標です。


 
【船中で一番になりたい・・・という願いを叶える為に】
数人のパーティーを組み、夜明け前から港を離れる。このときからすでに戦いは始まっている。
ひとつは『今日俺は魚を釣ることが出来るのか?』という己との戦いである。
もうひとつは『竿頭もしくは船中で誰よりもデカいサイズを釣りたい』という周りとの戦いがある。それぞれに不安と期待とが入り混じる。
ポイントに到着し、キャプテンの合図で一斉に思い思いのジグをセットし落とし込んでいく。そこでキーになるのはジグのフォールスピードではない だろうか!?



【フォールスピードとHITの関係性】
その日のバージンエリアでファーストHITを得るには様々な要素があるにしろまずは“フォールスピード”がキーになると考える。
まずは誰よりも最速でジグを漁礁などのポイントに落とすことでファーストHITの確立を高めることが出来るということ。
水中に潜って見た訳ではないが、恐らく最初に落ちてきたジグに数匹の魚が競い合って喰ってきていると思うが、何度もジグを見ていくとスレてしまい食いが落ちる。なので、早く沈め、素早く、効率よく釣ることが重要になってくる。
そのフォールスピードを決めるのは第一にジグの形状。
その次にラインの存在である。水中は空気中と比べて摩擦抵抗が約790倍あると言われている。そんな状況の中で少しでも抵抗を受け難くするために施されたのがSmooth Surface加工(SSP)である。
PEラインの表面に発生しがちな微細な毛羽立ちをシャットアウトして水流抵抗を極限まで受けず、ジグのフォールを邪魔しない。

【オリジナルカラーパターンを駆使した喰わせ方】
ジギングで喰わせる為に必要なのは水中の流れの変化を感じること。シャクリ上げる時にジグがスカスカと抜ける水噛み感よりも、シャクリ上げる際にロッドティップに重みが掛かる程の水噛み感の方が確実に魚からの反応は良い。
そこから、その状況下でいかに喰わせるのか・・・それはやはり“変化”を付けることだろう。「どういうこと?」という質問が出そうなので簡単に説明すると「スピードの強弱」を付けるという事。そうすることで青物へスイッチを入れる事が出来る。そして、重要になるのは『どこで変化を入れるのか』だが、それを教えてくれるのが、さらに進化したEMCS(イージーメジャーリングカラーシステム)IVである。
水深の把握が簡単に出来るこの細いカラーシステムで例えば「水深90mのポイントで67m付近から水流変化が起きている」という情報がEMCS IVによって一目で判るのでピンポイントでシャクるスピードを変えたり、幅を変えるなどの「攻めのアプローチ」が可能になる。

【ターゲットの闘争心を奪う強力】
PE JIGGER 8HGでもその強力は認知されていたが、このPE JIGGER ULT8本組はさらにその上をいく強力を手にいれた。
PEの素材も様々ある中から引っ張り強力はもちろん、耐摩耗性に優れた“UltimatePE”を採用。
“UltimatePE”はPE1本自体の繊維が太いため、細い繊維を採用したPEに比べ連鎖的に切れてしまうリスクを解消。 よって、安心してヒラマサ、カンパチ、ブリなどに代表される青物の暴力的な抵抗にも安心してファイトが出来る。

規格 LB 10 12 16 20 25 30 35 40 50
200m 参考号柄 0.6 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2 2.5 3
直強力(kg)MAX 4.5 6.0 7.7 9.2 11.0 13.0 15.5 18.5 22.0
希望小売 価格(円)
JAN コードNo. 532803 532810 532827 532834 532841 532858 532865 532872 532889
規格 LB 10 12 16 20 25 30 35 40 50
300m 参考号柄 0.6 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2 2.5 3
直強力(kg)MAX 4.5 6.0 7.7 9.2 11.0 13.0 15.5 18.5 22.0
希望小売 価格(円)
JAN コードNo. 532896 532902 532919 532926 532933 532940 532957 532964 532971
LB 60 80 90 -
参考号柄 4 5 6
直強力(kg)MAX 29.0 35.0 40.0
希望小売 価格(円)
JAN コードNo. 532988 532995 533008
規格 LB 10 12 16 20 25 30 35 -
600m 参考号柄 0.6 0.8 1 1.2 1.5 1.7 2
直強力(kg)MAX 4.5 6.0 7.7 9.2 11.0 13.0 15.5
希望小売 価格(円)
JAN コードNo. 533015 533022 533039 533046 533053 533060 533077
規格 LB 35 40 50 60 80 90 -
100m
連結
参考号柄 2 2.5 3 4 5 6
直強力(kg)MAX 15.5 18.5 22.0 29.0 35.0 40.0
希望小売 価格(円)
JAN コードNo. 533084 533091 533107 533114 533121 533138
規格 LB 100 130 160 (注)8号、10号、12号は受注生産になります。
100m単位でご注文下さい(連結またはボビン)。
連結の場合は最長1800mとなります。
状況により納期に数カ月頂くことがあります。
(注)100m 参考号柄 8 10 12
直強力(kg)MAX 50.0 60.0 70.0
希望小売 価格(円)
JAN コードNo. 533145 533152 533169
※価格はオープンプライスです。 JANコード上7ケタ 4968813



PAGE TOP
一般的なラインの素材特徴 ラインの製法・加工・仕様 ナイロン・フロロカーボン・エステルライン規格表 PEライン標準規格